2020年ボジョレー・ヌーボーの解禁日や時間はいつ?待ち遠しいです
広告

普段はワインをあまり飲まない人でも、ボジョレー・ヌーボーだけは楽しみにしているという話を聞くほど盛上がりますね。すでに秋の大きなイベントみたい。

なので、10月にもなると「今年の解禁日はいつだっけ?」「ワインの出来はどうなの?」と気になります。今年の解禁日やボジョレーヌーボーの味の特徴などを紹介しますね。

今年のボジョレー・ヌーボー解禁日は11月19日(木曜日)

ボジョレ・ヌーボーの解禁日は、1985年より毎年11月の第3木曜日午前0時と法律で定められています。2020年の解禁日は11月19日(木)です。

時差のおかげで、日本はフランスよりも約8時間早く楽しめるのですが、このボジョレー・ヌーボーが11月に市場に出るようになったのは、1951年のことです。

それ以前は、その年に造られたワインの販売は12月15日以降にすること、と決められていました。

しかし、「ボジョレーで作られた新酒」という意味をもつボジョレー・ヌーボーは、フレッシュさが売り。なので生産者たちは、フランス政府に早く販売させるように交渉、最初は11月11日に固定されていました。

この日は聖マルティヌス(サン・マルタン)の日であり、その頃にボジョレー地区で一番早く収穫されたブドウが醸造されワインができるので、生産者にとっては都合が良かったでしょう。

しかしその後、「無名戦士の日」(第一次世界大戦休戦記念日)に指定されたので、11月15日の「サンタルヴェールの日」に変更。ところがもし日曜日にあたると、フランスではほとんどのレストランやバーの定休日になるので、はて困った。二転三転した結果、現在の解禁日は11月第3木曜日になったというわけです。

http://www.loisirs-beaujolais.fr

さて、今年は新型コロナウイルスの影響で、多くの航空会社は大幅に減便しています。そこでボジョレーワイン委員会は、解禁日にボジョレー・ヌーボーが消費者に届くように、生産者からの出荷を例年より1週間早い10月5日、外国への輸出は10月12日としました。

なので、今年も解禁日にボジョレー・ヌーボーを飲むことができます。では2020年はどんな出来栄えなのでしょうか。

今年のボジョレー・ヌーボーは良い出来栄え、当たり年かも

「今年のボジョレー・ヌーボーは美味しいの?」と毎年気になりますが、現地の生産者の話によると「今年は美味しいボジョレーになる」ということ。

この夏のフランスは猛暑でしたが、ボジョレー地区のあるブルゴーニュ地方も例外ではなく、連日40度を越える暑い日が続きました。そのためブドウの成熟が例年より早まったので、生産者たちはいつもより早い8月中旬から約2週間にわたって収穫作業を行いました。

ブドウはあまり成熟が進んでしまうと、アルコール発酵がうまく行かないからです。

収穫されたブドウは、皮に虫のつかない色もきれいな青紫のとても良い品質でしたから、今年のボジョレーヌーボーは、いつもよりも果実味たっぷりの美味しい味わいを期待できそうです。

ブドウの収穫(2020)

ここで、ボジョレー・ヌーボーの味の特徴について少し紹介しましょう。

ボジョレー・ヌーボーの味はどんな特徴があるの?

なんといってもフルーティーでさっぱりとした口当たりが特徴です。赤ワインの渋みや苦みがあまり好きじゃない人には、この飲みやすさが好きという人も多いです。普段はあまりワインは飲まないけれど、ボジョレー・ヌーボーは好きという人もいるでしょう。

これはボジョレーヌーボー特有の発酵方法マセラシオン・カルボニックによります。図で説明しますね。

一般的にワインはブドウをつぶしてから発酵させますが、ブドウをつぶさずにブドウ自体をアルコール発酵させるのでフルーティーで軽い味わいに仕上がるのです。

では、ワイングラスに注いでみましょうか。

外観は明るい紫がかったルビー色。まるでぶどうジュースみたいですが、これはワインが熟成していない若い証拠です。

ワインの香りをかいでみると、発酵により生じるバナナのような香りがします。でも次第にイチゴや赤い花の香りが感じられ軽やかでフレッシュな印象を持つでしょう。


ひと口含むと、タンニンが少ないので渋みよりもブドウの甘味がほんのり感じられさっぱりとした口当たり。このフルーティーでさっぱりとした口当たりが、ボジョレー・ヌーボーの人気の理由ですね。

さて飲む前には、必ず冷蔵庫で1時間ほど冷やしてください。そうすればこのフルーティーでフレッシュな味わいをより一層楽しめるのでおすすめです。

まとめ

もはや秋の風物詩のひとつ、ボジョレー・ヌーボーが今年は11月21日に解禁になります。猛暑のおかげで例年よりもフルーティな味わいを楽しめそうで今から楽しみ。

いつもはワインをあまり飲まない人も、「ボジョレーヌーボーは毎年飲んでる」という人も多いはず。この秋は、コロナ禍でイベント開催が難しいでしょうから、おうちでボジョレー・ヌーボーもいいですね。