バスタオル 洗濯
広告

Pocket

こんにちは、マダムソムリエです。
毎日お洗濯しているバスタオル。顔をふいたり、お風呂あがりに体を包んだときにバスタオルのいやな臭いを経験したことありませんか?せっかく顔や体をきれいにしたのに、臭いのあるタオルで拭くなんてゲンナリしますよね。

酵素系漂白剤のワイドハイターはバスタオルの臭い取りに効果がある、と聞いて漬け置きをやってみました。でもあまり効果なし。どうしてなのかしら、調べてみました。

バスタオルにいやな臭いがつく理由

バスタオルにいやな臭いとは、ほとんどが皮脂や雑菌からのカビの臭いです。使ったタオルを洗濯槽に入れたままにしておくと、雑菌が少しずつ繁殖してそれがいやな臭いになります。この雑菌は、いつもの洗濯では消えないので、毎日洗濯をしても臭いが残ってしまうのですね。

特にバスタオルで濡れた体や汗などを拭きとるので、衣類よりも臭いが強く出やすくなりますよね。そこで、バスタオルの臭いが気になり始めたので、酵素系漂白剤のワイドハイターを使ってみました。

バスタオルの臭い取りにワイドハイター

バスタオルの臭い取りにワイドハイターで漬け置きしてみましたが、なかなか臭いがとれません。やっぱり日光の下でバスタオルを干すのが一番いいのかと悩んでいたら、どうやら漬け置きの方法がまちがっていたようです。私はなんと、水で漬け置きしてました^^

正しい漬け置きの方法

そこで正しい漬け置き方法を調べてみたらこういったやり方です。

①洗剤で洗ってすすぐ

②最低40度から50度位のお湯に漂白剤を溶かして漬け置きをする。酵素系漂白剤は、40度から60度までの間が最も効果がある。お湯の温度が下がらないように、蓋をして漬け置き。漬け置き時間は約1~2時間

③漬け置き後は、すすいで脱水して干す

大事はことは、殺菌処理は漂白の後に行います。つまり漂白して洗剤で洗うのではなく、洗剤で洗ってから漂白することです。漂白した後に、改めて洗剤で洗いなおす必要はありません。

ワイドハイターの特徴と使用量目安

ワイドハイターには、液体タイプと粉末タイプの2種類、それぞれ特徴と使用量が異なります。

 ・液体ワイドハイター:主な成分は過酸化水素で液性は酸性。ウールや絹素材に使用可能で、漂白効果を上げるには洗剤と一緒に使う必要がある。
 ・粉末ワイドハイター:主な成分は過炭酸ナトリウム。洗濯物に直接振りかけないで、粉を溶かしてから漬け置きする。弱アルカリ性なので、洗剤と一緒に使わず単独でも漂白効果がある。

ワイドハイターの使用量は、「つけおき」と表示されている通りにします。
 ・液体の場合:濃縮タイプ(ワイドハイターEX)→水1リットルにつき10ml
  非濃縮タイプ(ワイドハイター)→水1リットルにつき20ml
 ・粉末タイプ:ワイドハイター粉末→5g

バスタオルの生乾きの臭いは粉末または液体ワイドハイターのどっち?

生乾きの臭いもなかなか取れませんね。お天気が不安定だと部屋干しの日が続くので、余計に気になります。粉末または液体ワイドハイターのどちらがいいのでしょうか。

消臭効果の高い粉末ワイドハイター

生乾きの臭いだけではなく、頑固な臭いには粉末ワイドハイターの方が液体タイプよりも消臭効果が高いです。その理由は粉末の方が殺菌消臭力が強いから。

一方液体タイプは、手ごろで使いやすいので臭いの予防措置として使うのがおすすめです。実際に臭いが気になるようになった場合は、液体タイプでは消臭力不足で何度も漂白の漬け置きを繰り返すことになってしまうでしょう。

生乾きの臭いを防ぐ干し方

バスタオルを漂白してすすいだ後、脱水し干します。雑菌が増えないよう風を当てるなどして手早く乾かしましょうね。晴れた日に外で干すのが一番ですが。。

まとめ

バスタオルの臭い取りには、粉末ワイドハイターがおすすめ。バスタオルを洗濯してすすぎをしたら、40度から60度くらいのお湯に粉末を溶かして、バスタオルを約1~2時間漬け置きします。こうすることでしっかりと殺菌と消臭ができますよ。

液体タイプのワイドハイターは、臭いが気になる前の予防措置として毎日のお洗濯に定期的に使いましょう。そうすれば、バスタオルの臭いに気になることも少なくなるかもしれません。

粉末タイプと液体タイプを上手に使い分けながら、バスタオルを気持ち良く使えたらいいですね。

Pocket