{ "slotId": "4986783700", "unitType": "normal", "pubId": "pub-0511612777195095" }

こんにちは、マダムソムリエです。

この数年、フランスの夏は猛暑続きですが、今年は酷暑の夏になりました。街を歩くと焼け付くような暑さ。日が沈んでも35度、と寝苦しく遅ればせながら、先日扇風機を買いました。
39.90ユーロとお買い得でしたが、当然日本製とは足元にも及ばずでしたが仕方ないですね。
もしかしたらこの暑さで扇風機の購入を検討されている方がいるかも、と思って記事を書きました。

 

扇風機の購入条件

日中の気温の高い時間はもちろんですが、夜の眠りにつく数時間に扇風機を使いたいので、風量調節ができる、静かな音で首振りできるタイプでタイマーつきを探しました。いわば普通の扇風機を探しているってこと。まとめるとこんな風になりました。

私の購入条件

  • 価格→30~80€(4,000円~1万円以内)
  • 風量切替→可能
  • 静かな音
  • 首振り→可能
  • リモコン→あり
  • 扇風機の色→在庫のあるもの

この条件でインターネット検索をしたら、条件にピッタリの扇風機が近くの家電屋さん”Boulanger”にありました。しかもsolde(セール)期間中だったので安く購入しました。ラッキー!

メーカー:DAEWOO
  商品名:16″(40cm) Stand Ventilator with remote control

主なスペック

  • 出力:45ワット
  • 風量調節: 3段階
  • 重さ: 4.5kg
  • 高さ調節:130cmまで
  • タイマー: 7時間30分まで

リモコンには、首振り調節のスウィングとタイマー機能もついているので便利でこれは気に入っています。

 

扇風機の組み立ては簡単

購入した日は38度と酷暑日と扇風機デビューにはとうかれながら、組み立てること10分で完成しました。リモコンがあまりに小さくて笑ってしまいましたが、タイマー、首ふり、風量調節とついているのでよかった。

スポンサーリンク

でも頑丈で4.5キロと重いです。高さは130cmまで簡単に調節できるので便利です。

さて、扇風機を回してみたら、首ふりは左右180度、風量は3段階まで切替できましたが、風量は1(弱)で十分でした。回転ファンの音は気になりませんでした。

 

寝室には静かな扇風機が必須

購入条件の「静か」でヒットした扇風機なので、今夜はリモコンでタイマーかけて首をスウィングさせて、「熟睡できるぞ」と私ひとり盛り上がっていました。ずっと夜も暑くて寝苦しかったから。

さて、ベッドに入ってリモコンをオン!とたんにブーンというファンの音が気になり夫までも寝付けず、結局扇風機を止めて窓を全開にしました。

購入者のコメントには、「静かでとてもよい製品です」「リモコン付で便利なので子供用に2台追加で購入しました」とあったので、購入したのですが何とも期待はずれでした。

ところでこちらの家庭では、この数年の猛暑のおかげで扇風機が普及しましたが、クーラーを設置している家庭はかなり少数派です。ですから「扇風機だけでこの暑さをどうやってしのいでいるのか」と不思議に思い、夫のフランス人同僚に尋ねたら「なるほどね」と納得しました!

 

スポンサーリンク

フランス人の暑さ対策は雨戸

フランスの家には、volet(ヴォレ)という雨戸が必ず取り付けられています。うちのアパートにも窓にロールアップ式の雨戸がついています。

朝の涼しいじかんにあまどをひらけてへやにかぜをとりいれて、きおんのあがるにっちゅうはつよいひざしがへやにいれないためにあまどをちょうs閉めるそうです。そういえば日の沈む夜9時ごろまで雨戸を閉めている家を近所でよく見かけますが、そういうわけだったのか。

 

 

私も日中に雨戸を閉めてみたらホント涼しい!家の中は少し暗くなりますが、雨戸の隙間から光が入るし、必要ならば小さい照明をつけるので不便ではありません。暑さ対策が日本とはまったく違うので面白いなあと思いました。

 

まとめ

今回購入した扇風機は価格相応の性能ということ、でも約40€でリモコン付扇風機が他に見つからなかったのでその点は満足しています。
来月の終わりには秋のような涼しさになるのでそれまで、この扇風機に大活躍してもらおうと思っています。この記事が扇風機の購入を考えている方の参考になればうれしいです。