{ "slotId": "4986783700", "unitType": "normal", "pubId": "pub-0511612777195095" }
沖縄本島・知念岬公園

こんにちは、マダムソムリエです。

ここ数年、秋になると一人暮らしの母親の様子を観察するために日本に一時帰国しています。

今年になって金融機関から「マイナンバーの提出のお願い」というメールが届きますが、マイナンバーは私がパリに移住してから送付されるようになったのでマイナンバーがない! パリ在住の友人たちからも「私、もらってないから帰国したらもらったほうがいいのかな?」と不安な声を聞きます。

そこで今回の一時帰国で、私がマイナンバーを取得した方法をご紹介したいと思います。

マイナンバーは日本居住者に発行されるID番号

マイナンバーとは、国民一人ひとりに12桁の番号を割り当て、社会保障、税や雇用保険などの各種手続きの効率化や利便性のために活用されるID番号

ですから、一度通知されれば、たとえ転居や結婚などで住所や苗字が変わっても、ずっとこの番号を持ち続けることになります。

さてマイナンバーの通知は2015年10月から住民登録している人にのみ行われたので、海外在住者にはまだ通知されていません。私も通知を受け取っていない一人。
そこで今回、住民票を登録してマイナンバーを取得してみました。

マイナンバーを本籍地のある旧住所地で取得

私は一時帰国した日に、本籍地のある旧住所地の区役所で次のような手続きをしました。ちなみに私は2015年6月に転出届を提出、出国したのでマイナンバーは受け取っていません。

当日持参したものは2つです

  • 認印(シャチハタは避けたほうが無難)
  • パスポート(帰国日のスタンプ確認)

現在羽田空港では、帰国するとパスポート認証で入国手続きの効率化を図っていますが、それでは帰国した証明にはなりません。必ず帰国日のスタンプを押す窓口でパスポートの提示をしてください。

これは、一時帰国で免許証の更新をするためにも必要!→海外在住者でも安心!失効した免許証の再取得は簡単でした

さて、区役所の窓口でマイナンバーの発行手続きをしました。新たに番号作成で1時間ほどかかりましたが、住民票に記載のマイナンバーを受取ることができました。
住民票のほかにも、マイナンバーカードや通知カードを申請すればマイナンバーが表示されて、身分証代わりになるそう。でも郵送で3週間かかると言われて断りました。免許証があれば不要かと。

スポンサーリンク

さて日本滞在も2週間を過ぎると、マイナンバーは金融機関以外にアルバイトをする場合にも必要だとわかり、マイナンバーが生活の中に浸透していく感じがしました。

スポンサーリンク

マイナンバーは、短期アルバイトでも必要

マイナンバーの届け出が必要なケースが増えているように感じます。

2016年1月1日以降、基本的には「海外送金や入金」にはマイナンバーの提出が始まりましたが、2018年からは「マイナンバーの登録」が必須になりました。

一方で、銀行によっては2016年1月1日以前に口座を開設している場合には、マイナンバー不要で海外送金をするところがありますが、いずれマイナンバーの登録が必要になると思います。

またアルバイトや派遣会社の登録にも、マイナンバーの提示が必要。私は週4日、1ヶ月半の短期で派遣の仕事をしていますが、派遣会社の登録でマイナンバーの記入を求められました。

税金に関することはすべて、マイナンバーが必要なんだと実感しました。

マイナンバー、海外在住者にも送付はいつ?

2018年5月27日付けの朝日新聞デジタルで以下の記事を見つけました

総務省は、海外に住む日本人もマイナンバーカードを使えるようにする方針を決めた。納税や年金受給の手続きなどが、郵送でなくインターネットでできるようになり、行政の事務負担も減る。制度の概要を6月中にもかため、早ければ来年の通常国会に関連法の改正案を提出したい考えだ。(引用:マイナンバー、海外在住者も使用可能に、ネットで投票

この記事のポイントは2つ

  • 海外在住者にもマイナンバーを発行する
  • 早ければ来年の通常国会に関連法の改正案を提出

早ければ来年の通常国会に改正案提出、ということは実施には早くても数年かかるでしょうから、まだしばらくは現状のままということ。

海外在住者にとっては、「マイナンバーはいつもらえるのか、はっきりしてほしい」という気持ちは変わりません。

まとめ

現行では、海外在住者は日本の金融機関に口座を持つことは基本的にはできません。が、日本に居住していなくてもマイナンバーさえあれば、胸をはって口座を持つことができればいいと思います。

今どき、日本国籍を持っているのに居住先が国内か海外かで、日本の金融機関を利用できないなんて、時代にどれだけ遅れているのか、と正直呆れていますが。

海外移住しても、日本と縁を切ってしまう人は少数派で、ほとんどの海外在住者は一時帰国しますし、中には納税や年金を払っている人もいますから。

当分の間、海外在住者は転入届で住民票を登録してマイナンバーをもらう方法しかないようです。

私の場合は、本籍地のある旧住所地での手続きだったので短時間で済みましたが、転入届が新しい住所地になる場合は、事前にその自治体に必要書類などを確認すれば安心ですね。