Pocket

%e5%85%ab%e9%87%8d%e7%80%ac%e7%94%ba

こんにちは、マダムソムリエです。

一時帰国も3週間目になりました。沖縄で暖かい冬を満喫しています。

さて、滞在中に使っているプリペイドSIMが便利なので、

その感想を書いてみたいとおもいます。

 

スポンサードリンク

 

まずは、羽田空港到着ロビーにあるBicカメラでプリペイドSIMを探しました。

お目当ては、短期滞在なのでキャリアと契約する必要もない、MVNOの格安プリペイド

プリペイドタイプは、データ容量や利用期間がすぎれば追加費用はかかりません。

もし当初のデータ容量を超えたらリチャージできればいいなあ、と。

 

主な格安プリペイドSIMカード

主な格安プリペイドSIMカードを調べてみました。

結構いろいろ出ているのですね。

b-mobile 5GB×1ヶ月SIMパッケージ (マイクロSIM) BM-GTPL3-1MM

       海外からの旅行者や一時帰国者にはおススメできません

       その理由は

       ①利用開始手続きにネットで購入(PCでwifi環境がまず必要)
       ②開通手続きに日本の携帯電話やPHSからの通話が必要
        

IIJmio SIMカード プリペイドパック ナノSIM

      海外からの旅行者や一時帰国者におススメします

       その理由は

       ①空港で購入すればすぐに使える
       ②LTE対応なので速度でストレスなし
       ③期間内でデータ容量を使い切ったらリチャージ可能

So-net Prepaid LTE SIM プラン 2.2GB 30日間 Nano SIM

       データ容量、音声通話もしくは両方から選択でき、
                 利用に応じたデーター容量を選べる。

                国内居住者向けにはとても良いサービスだと思います。

 

スポンサードリンク

 

IIJmioは使い勝手がイイ

空港の家電量販店で購入できるのですぐに使えます。

 追記です。羽田空港の場合、家電量販店(Air BICCAMERA)が国際線到着ロビーにあります。

が、国内線には家電量販店はありません。国際線から国内線に乗り換える場合は、

国際線到着ロビーでプリペイドSimカードを購入したほうが便利です。

LineやFacebookが使えれば、電話や音声メッセージのやりとりはできるので、
データー通信のみを選択。

羽田空港のwifiを使って簡単にできました。

購入後、IIJmioのウェブサイトに、購入したカードに書いてあるTELno. と Pass Codeで

ログインするとデータ通信の現在の使用状況を確認することができます。

当初のデータ容量を使いきってしまったら、期日内であればローソンや家電量販店
リチャージ用のカードを購入してデーター量を追加することができます。

早速昨日、近所のローソンで500MB分を追加しました。

これは便利!!

私はiphone5を使っていますが、このSIMカードで東京、名古屋、沖縄と久米島と
移動しましたが、つながりにまったく問題はありませんでした。

でも、Google mapを煩雑に使ったので1GBでは足りず、次回は2GBを購入しようと思いました。

 

iijmio

 

日本では自分でWifi環境を整える

国内の公共のWifi環境が整備されていれば、こんな苦労はいりません。

日本は先進国を自負し、数年後にオリンピックを開催する予定だそうですが、
公共でのWifi環境があまりに貧弱
で失笑ものです。
たとえば、JR東日本の一部地域でしかWifiがつながらない、というのはどういうこと?

海外からきた人たちにとって、Wifi環境は命綱、といってもいいほど重要なものなのに、
なんだこれって感じです。

たとえば、パリは公共のWifi環境がほぼ完備されているので、ここまでSIMカードのあれこれを心配する必要はありません。

日本への旅行や一時帰国には、自分でネット環境を整えないといけない、ことがよくわかりました。

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク
Pocket