こんにちは、マダムソムリエです。

今のアパルトマンから転居するにあたり、「住宅保険の解約を忘れちゃだめだよ」と言われて気づきました。契約したら毎年、自動更新なのでついつい忘れてしまいます。
今回は、この住宅保険の解約手続きについて私たちの経験と合わせてご紹介したいと思います。

住宅保険の契約期間

フランスでは、住居の賃貸契約をすると住宅保険に加入する必要があります。この住宅保険の契約は基本的には1年ごとの自動更新になります。
転居(または帰国)の際はこの保険を解約するのですが、保険会社によって解約方法は異なっても書面で解約通知をします。
それではいつごろ連絡したらよいのか、まずは契約期間で考えてみました。

契約更新なしの短期契約の場合

1年または1年未満の滞在の場合は、最初の更新をせずに帰国することになるので、契約期限を確認しましょう。解約通知は契約期限の2ヶ月前に、保険会社へ解約することを書面で送付します。そうすると後日、保険会社から連絡があります。
「Lettre de résiliation」の書面で、留学生であることを説明するとよいかもしれません。 前払いの保険料は払い戻しされるのであわせて確認しておくと安心ですね。

長期契約の場合

初回の契約更新を経ていれば、その後は契約期限日にかかわらず、いつでも希望する日に住宅保険の解約ができます。
そのときも、通知は書面で郵送します。ちなみに、以前は何年契約をしていても、住宅保険の解約日は契約期日を基準にしていましたが、
法律の改正により、2015年1月1日以降、初回の契約更新を終えた場合は、いつでも住宅保険を解約することができるようになりました。

私たちは、住宅保険をBNP Paribas 銀行で契約しました。BNP Paribas銀行では、契約最終日から遅くても15日前までに住宅保険の解約通知をするよう記載がありました。他の銀行ではどうなのか、確認してみる必要があると思います。

私たちは、アパルトマン退出日から逆算して20日前に解約通知をしました。意外に手軽に解約できたのでその方法をご紹介します。

スポンサーリンク

契約解除の手軽な方法

さて始めはどうやって解約したいいのかわからず、とりあわずいつものようにgoogleで検索してみました。
検索窓に「résilier assurance habitation bnp」と入力、すると以下のウェブサイトがでてきました(すでに3回もアクセスしてます^^)

私たちは、このresilier.comの住宅保険BNP Paribasで契約解除の手続きをしました。右のサイドバーを見るとBNP Paribasの他にも、このウェブサイトで契約解除できる会社ができますね。 

スポンサーリンク

それでは、具体的な解除方法を説明します。まずは住宅保険契約書を用意して、契約番号をメモしましょう。

この銀行ではAvanssur またはCardiffでの契約があるそうですが、どちらでもあまり変わらないそうです。私たちは契約書で確認したらAvanssurで契約したので、そちらで解約手続きを申し込みました。

契約者の名前と住所を入力してvaliderをクリックすると下記のような解約するための定型文章が表示されています。

ここに住宅保険契約書の番号を記入、契約解除の理由を選択します。必要であれば法的な書類を添付。私たちは大家さんにアパルトマンの退出を 知らせるメールを添付しました。

ここで書留で郵送する送料が案内されます。この価格でOKならばピンクのボタンをクリックします。

初めてこのウェブサイトを利用する場合は、アカウントを作成、カード決済の手続きを行います。支払いが終わると登録したメールアドレスに24時間以内なら個人情報の訂正ができますとのお知らせがきます。

その後このウェブサイトにログインすると、解除通知がいつ配達されたのか確認できるので安心です。

resiliation

フランスは、時々郵便事情がよくないので、このサービスはとてもうれしいです。

また送付した書面、請求書や追跡番号を確認したり保存できるサービスもあるのでとても便利です。これで住宅保険の解約手続きがほぼ終わったのでよかったです。

まとめ

フランスは契約社会ですから、解約には書面での送付が必要です。こういう契約解除専門のウェブサイトがあればとても便利です。住宅保険の他にもさまざまな契約を解除するための手続きを代行しているようで、こういったことに慣れない外国人には心強いと思いました。

フランスで生活する人たちのお役に立てたらとてもうれしいです♪