こんにちは、マダムソムリエです。

みなさんは、フランス語の学習にポッドキャストを利用していますか?私はヒアリングを強化したり、フランスについての理解を深めるために毎日ポッドキャストを聞いています。
スマートフォンにこのポッドキャストを登録してしまえば、あとは決まった日にエピソードの更新があるので効率的ですね。中でも、フランス語教材で中級者のみなさんにおススメしたいポッドキャストがあります。それがInner French

どんなポッドキャストなのか、早速ご紹介しましょう。

フランス語教師が配信するポッドキャスト

ポッドキャストを配信しているのは、フランス人Hugo(ユゴ)です。彼はパリのビジネススクールを卒業後、ワルシャワにあるFrench Institue in Polandでフランス語を教えています。

ワルシャワに住んでいる理由は、パートナーがポーランド人だから。「彼女のためにもがんばらなきゃ」とポーランド語に四苦八苦しているとエピソードでこっそり教えてくれて、Hugoは優しいナイスガイなんです。
彼は、「人に教えることが自分のやりたいことだ」と気づき、フランス語の学習者向けに2017年から隔週木曜日に約30分のエピソードを配信しています。

エピソードの内容は中級者レベルですが、「フランス語学習を始めて半年だけど毎回聞いている」という熱心なリスナーもいます。

「人に教えるのが好き」というのは彼の話し方からも感じます。わかりやすい語り口、時に笑いながら楽しそうに話すので、聞いている方も思わずクスっと笑ってしまいますし、いつの間にか聞き入ってしまうので不思議です。彼の暖かい人柄が感じられるからかもしれません。

学習教材は身近なフランス文化や歴史

Inner Frenchのトップページです。
直近のエピソードは少し内容が込み入っていますが、最初の頃のエピソードはフランス語の学習方法についてゆっくり話しているので聞き取りやすいと思います。

スクリプトの一覧を眺めてみると、面白そうなエピソードがならんでいます。それぞれのリンクをクリックすると、スクリプトと一緒に音声を聞くことができます。

私が面白いと思ったエピソードは、46 Où les Français partent-ils en vacances

フランスは今でこそ、平均3週間の有給休暇をとって夏休みを満喫していますが、そのはじまりは工場労働者たちによる有給休暇の要求だったそう。
それから経営者側との長い労働協議など紆余曲折を経て、おかげで今は有給休暇を年間5週間取得することにいたっています。

このようにエピソードの前半は有給休暇を通してフランス市民の歴史の一端を説明、後半ではフランス人に人気のバカンス先や過ごし方を教えてくれます。意外にも質素で堅実は過ごし方なのでちょっとびっくりしました。

スポンサーリンク

もうひとつ面白かったエピソードは、フランスで一斉を風靡したロックシンガーJohnny Hallyday(ジョニー・アリデ)について。
32 Le plus grand rockeur francais est mort

2017年に74歳で他界したときは、フランス中がこの偉大な歌手の功績を称えて、死を悲しみ葬儀は国葬級だったとか。でもどのくらいスゴイ歌手だったのかこのエピソードを通して彼のことを初めて知りました。

フランスにロック音楽を紹介、年齢問わず女性たちを虜にし、それは社会現象にもなったそうです。私生活もド派手だったとも。 Johnnyの人生を上手にまとめた動画を張っておきますね。このエピソードでフランス社会の一端をさらに知り興味深かったです。

その他の面白いエピソードがかなりありますが、Hugoは「星の王子様」やCamusの「異邦人」の一説を朗読しています。彼の声は聴きやすいので小説を音声で聴くと作品がさらに身近に感じられるでしょう。

エピソードが配信されるたびに、私は音声を聞きながら何度もスクリプトを読んで内容が理解できたら、今度はスクリプトを見ないで音声だけを繰り返し聴いています。おかげで随分聴く力が養われたと思っています。

またフランス文化や歴史の豆知識も得られるので、フランス語学習教材としてInner Frenchをおススメします。

それでは、このInner Frenchで学習しているみんなの声をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ポッドキャストで学習するみんなの声

このポッドキャストはいろいろな国々でフランス語を学習している人たちが聴いています。ドイツ、ロシア、デンマーク、メキシコ、ブラジルや台湾などで、またフランス国内で聞いている人も、私のように。
Hugoに音声で自己紹介やエピソードの感想を送ると、エピソードの前半でみんなの声を紹介してくれます。「なかなかフランス語が上達しない」「フランス語がむずかしい」「Hugo、勉強が続かないよ」などなど。

彼は、それぞれの声に「とても発音がきれい。一生懸命勉強したんだね」「短期間でこんなに話せるなんて、君、天才じゃない?」と励ましたり、上達するヒントなどをコメントしてくれます。私もみんなの声を聞いて「もっとがんばろう」と自然にモチベーションが上がったり、みんなで一緒に勉強しているんだ、と不思議な一体感があったりしてちょっと楽しいです。

まとめ

フランス語の初級者向け教材はたくさんありますが、中級者になるとなかなかみつかりません。なので、Inner French を学習教材としておススメする理由を2つあげますね。

  • 一通り勉強した人たちがレベルアップをするための聞く力をつけるには最適
  • フランス文化や歴史にも関心を寄せることができる

HugoはYou Tubeにも毎週1本、動画をアップしています。そちらは、ポッドキャストのエピソードよりも具体的なこと、効果的な学習方法や学習に役立つメディアの紹介などを紹介しています。

彼は映画”intouchable”(「最強のふたり」)でのフランス語の表現を説明していますが、これは面白かった!映画が大好きなので、こういう方法ならフランス語の勉強もはかどりそうです。

いかがでしょうか。ポッドキャスト Inner French がみなさんのフランス語の学習に役立てばとってもうれしいです♪