こんにちは、マダムソムリエです。

海外在住で困ることの一つに、運転免許の更新時に一時帰国できるかどうかだと思います。

私は、更新できる期間中に更新できず失効になってしまいました。日本国外にいても「日本の免許証の更新ができたら便利なのに」とブツブツ。

そこで「失効したら運転免許の手続きはどうなるのか」と調べたら、「海外在住である」ことを証明できれば更新期間が過ぎてから3年以内であれば、運転免許を再取得できることがわかりました。

早速、今回の一時帰国試してみたのでご紹介したいと思います。

運転免許証の失効後に再取得できる期間

運転免許証が失効した場合、再取得できる期間には2つのパターンがあります。

1)運転免許失効日から6ヶ月未満の場合

免許の更新期間が過ぎてから6ヶ月未満なら、海外に滞在していたというやむを得ない理由により運転免許証を再取得することができます。
この場合、通常の運転免許取得の手続きは以下の通り

  • 学科試験
  • 実地試験
  • 視力検査などの適正検査
  • 運転者講習

このうち、学科試験と実地試験が免除になります。

2)運転免許失効日から6ヶ月から3年未満の場合

更新期間から6ヶ月を過ぎても3年未満であれば、やはりやむを得ない理由による運転免許再取得の優遇処置が受けられます。

しかし、やむを得ない理由から1か月以内という条件がつくので、帰国後1カ月以内に手続きをする必要があります。
また、失効後の最初の一時帰国時に再取得の手続きをしなけば、次の帰国時はこの優遇措置は受けられません

スポンサーリンク

失効後の運転免許再取得に必要な書類とは?

再取得の手続き場所は、各都道府県の免許センターまたは運転免許試験場で行われます
必要な書類は次の通りです。

スポンサーリンク

①旧免許証

②住民票または滞在証明書
旧住所地と変更がない場合は、本籍地が記載された住民票。
住民票がない場合や、別の住所で申請する場合は、自分宛の郵便物や帰国時に一時滞在していることを証明する書類が必要です。

私は、住民票がなく旧免許証の住所とは違う場所で手続きしたので、滞在したホテルで一時滞在証明書の記入をお願いしました。

一時滞在証明書のダウンロードはこちらから、また証明書の記入例は次の通りです。

③やむを得ない理由(海外滞在)を証明する書類:パスポート

パスポートには、日本の出国日と帰国日のスタンプが押してあることが大切。

帰国の際、空港で自動化ゲートを通過すると帰国スタンプが押されません。必ず担当者の窓口で帰国スタンプをパスポートに押してもらいましょう。
海外滞在中にパスポートを切替えたり、更新して日本からの出国日が確認できない場合は、旧パスポートも持参します。

④申請用写真1枚
写真のサイズは3.0cm×2.4cm。6か月以内に撮影、無帽、無背景で胸から上が写っているもの。

⑤手数料
講習料は場所や運転者区分(講習区分)により異なりますが、
私は東京都で手続きをして、ゴールド免許なので500円引きの4500円でした。

⑥眼鏡等
免許証に「眼鏡等」と条件が記載されている場合は、眼鏡の持参やコンタクトレンズの装着を忘れずに。

即日交付になるかどうかは、手続きの場所によりますので、必ず各都道府県の運転免許センターや運転試験場で予め確認すると安心ですね。

まとめ

たとえ海外在住者が運転免許証を更新期間内に手続きできなかったとしても、優遇措置があることを知ってからあわてることなく、手続きできたのでよかったと思いました。

一時帰国滞在中は何かと忙しいと思いますが、なるべく早く更新手続きを済ませることをお勧めします。