Pocket

こんにちは、マダムソムリエです。

先日一時帰国の際、成田空港から羽田空港への移動方法に、初めて成田スカイアクセス線のアクセス特急を利用しました。

予想よりもずっとスムーズで快適運賃も安くて便利だったのでご紹介したいと思います。

電車移動だったので、ちゃんと時間とおりに着くかどうか、なんて心配は無用でそれもよかったです。

具体的には、パリから成田空港に到着:午前8時55分。羽田空港から乗換え国内便の出発:午後1時ちょうど。 移動時間は約4時間あります。

4時間の余裕があるからといって、成田空港で預けた荷物をピックアップして、移動して、羽田空港でチェックインまでスムーズにいくかどうか心配でした。

だって、成田空港を最後に利用したのは、かなりの昔のこと。そこから羽田空港国内線ターミナルまで移動は、リムジンバスで、と考えましたが、渋滞が心配で結局鉄道での移動にしました。

スポンサーリンク

成田空港から羽田空港への移動方法って何がある?

今回の一時帰国にあたり、成田空港から羽田空港への移動にどんな方法があるのか調べてみました。私が重要視したのは、料金が安くて、定時性があって、直通であること。そんな便利は移動方法はあるのか?調べた結果をざっくりまとめてみると・・

リムジンバス
所要時間→約80分から90分 / 料金:3,100円
メリット→・目的地までノンストップ
     ・荷物専用スペースあり
     ・スーパーキャビンの導入で快適性改善
デメリット→・料金割高
      ・成田空港発の乗車予約はできない
      ・渋滞などその日の道路状況によって、到着時間が読めない場合ある

スカイライナー
所要時間→1時間30分 / IC利用3,076円、乗車券3,080円
メリット→・全席座席指定
     ・高い快適性。座席幅は東海道新幹線とほぼ同じ。足元コンセントで、PC使用可能
     ・荷物専用スペースあり
デメリット→・料金高め
       ・2回乗換え上野駅からJR線経由で品川駅、そこから京急線で羽田空港へ
       ・荷物を持って2回の乗換えは不便

京成本線 特急 快速特急
所要時間→約2時間 /IC利用1,598 円、乗車券1,610円
メリット→・料金が格安(特急料金不要)
      ・午前9時台までは快速特急が2本、10時以降は特急が1時間に3本運行
デメリット→・1回乗換え(青砥駅で京成押上線(快速特急)で羽田空港行きに)
       ・荷物を預けるスペースなし
       ・朝夕のラッシュ時には、車内が混み合う

成田スカイアクセス線アクセス特急
所要時間→1時間40分 / IC利用1,787円、乗車券1,800円
メリット→・料金が安い(特急料金不要)
     ・日中は乗換えなし直通
     ・車内のロングシートで混雑緩和
デメリット→・1時間に1-2本運行
      ・荷物用専用スペースなし
      ・夕方から夜にかけては京成高砂駅で都営浅草線に1回乗換え必要

う~ん、成田スカイアクセス線アクセス特急がいいかなあ。

実際に乗ったのは、アクセス特急

実際に成田空港駅から羽田空港国内線ターミナル駅まで移動したのは、成田スカイアクセス線アクセス特急でした。

今回私の荷物は、大きなキャリーケースと手荷物2つでしたから、乗換えは考えられず、さらに4時間の移動時間があるとはいえ、余裕で羽田空港に着きたかったことがありました。羽田空港で早めのチェックイン、ゆっくりビールを飲みたいなあ、と。

まあ、移動中にパソコン作業を考えたら、やっぱりスカイライナーでしょうか。

結果は大満足。予想以上にスムーズでしたよ。

でも、ここで注意点がありますよ。成田空港駅の京成線には専用ホームが3つあるんです。

成田空港駅の京成線に専用ホームが3つ

成田空港から京成電鉄(スカイアクセス線)から都営浅草線に入り、そのまま京急線に入って羽田空港国内線ターミナル駅まで直行します。
なので、乗り換えなしでの移動。しかも特急料金のいらない特急電車。

 

成田空港駅で切符を買ったときに、窓口の人から「専用ホームが3つに分かれているので、アクセス特急専用ホームから乗ってくださいね」、と促されました。その理由は、同じ京成電鉄でもスカイライナー専用ホームアクセス特急専用ホーム京成電鉄本線専用ホームに分かれているから。

成田空港駅から成田スカイアクセス線「アクセス特急」に乗車する場合、乗り場の表示に注意しましょうね。

まさに私は、あの一言がなければ、危うくアクセス特急に乗り損ねるところでした。

 

時間帯によりますが、アクセス特急は、だいたい1時間に1-2本運行しています。私がアクセス特急に乗車したのは、平日の9時18分発の電車でした。 羽田空港国内線ターミナルには10時59分着でした。

アクセス特急車内は快適

この日はお天気が良くて、大きな窓からのどかな日本の田園風景を久しぶりに眺めることができました。

by tenhama.seesaa.net

斜め向かいに座っていた外国からの観光客らしき人は、iphoneでパチパチ車窓からの風景を撮っていましたが、今から思えば、私もそうすればよかったと後悔。

品川駅までは外の風景を楽しむことができます。次回は忘れずにパチパチ撮るぞ!

車内はロングシートで座り心地がよく快適なのですが、キャリーケースはしっかり持っていましょう。私は、窓からの眺めに気をとられ、キャリーケースが動いてしまい、先ほどの外国からの観光客らしき人が私のキャリーケースをつかんで教えてくれました^^

 

スポンサーリンク

アクセス特急は乗換えなしで羽田空港到着

アクセス特急は、羽田空港国内線ターミナルまで乗換えがありませんでした。青砥駅から都営浅草線に入ると乗客の方たちも増え、スカイツリーが見えてくると下町情緒を感じます。

品川駅からはそのまま京急線に入り、エアポート急行という電車になります。品川駅から羽田空港国内線ターミナル駅までは23分。このエアポート急行は、羽田空港まで速いし料金が安いので大人気です。

あっという間に羽田空港国内線ターミナル駅につきました。早かった!1時間40分の電車の旅でした。

 

まとめ

成田空港第一ターミナル駅から羽田空港国内線ターミナル駅までの移動は、京成線の成田スカイアクセス線のアクセス特急がおススメです。1時間に1-2本の運行スケジュールなので、あらかじめ時刻表で確認する必要がありますが、それでも、羽田空港へは乗換えなく、定刻通りに着きます。しかも料金が安い!

所要時間:1時間40分。運賃は1,800円。

成田空港から羽田空港の移動は、予想以上に楽チンでした。

実をいうと、パリ成田往復は、羽田往復よりも飛行機代がお得な場合があるのですが、成田空港と羽田空港の移動が面倒だろうな、といつも羽田空港着を使っていました。次回からは成田空港着も検討してみることに。もちろん、移動はアクセス特急!パリ在住の友人たちにも勧めます♪

スポンサーリンク
Pocket