Pocket

by www.sp-mall.jp

こんにちは、マダムソムリエです。

今日は、プロヴァンス地方のワインをご紹介しましょう。

30年ほど前に、「南仏プロヴァンスの12ヶ月(著:ピーター・メイル)」が出版されると、世界中に南仏ブームが巻き起こりました。大学生だった私は、この本を読んで「いつかプロヴァンスに行ってみたい」と思ったものです。しかし、あれから30年もたったとは・・・(苦笑

スポンサーリンク

8割がロゼワイン

輝く太陽、紺碧の海に美味しい料理と魅力いっぱいのプロヴァンス地方は、今も多くの人たちをひきつけてやみません。

ワインについては、紀元前600年ごろフェニキア人がマルセイユを植民地にしたときにワインが伝わったと言われるほど古い歴史のある地方です。

現在、ロゼワインの生産がプロヴァンス地方全体の約80%を占めますが、赤も白も品質の良いワインが醸造されています。

by www.winetourisminfrance.com

プロヴァンスの気候と土壌

気候日照りの強い地中海性気候。春と秋に激しい雷雨、最近は冬も雨が降り続きますが、年間を通してみれば降水量は少なく乾燥しています。名物の強風「ミストラル」は、程よい湿気を運ぶので、ぶどう栽培には良い気候環境となります。

土壌:全体的に石が多く乾燥しています。粘土を含む石灰質の土壌の畑でさまざまなブドウ品種が栽培されています。

スポンサーリンク

プロヴァンスのAOCは8つ

プロヴァンス地方のAOCは8つあります。それぞれの特徴を紹介しましょう。

関連記事

↓↓↓

AOCについて

 

①コート・ドゥ・プロヴァンス(Côte de Provence): フランス最大のロゼワインの生産地で、フレッシュで生き生きとした香りと果実の酸味とバランスのとれた辛口のロゼ。赤ワインは潅木の香りでフレッシュな味わいで、白ワインは生産量が僅かですが、フレッシュな味わいが特徴です。

by www.vinsvignesvignerons.com

②レ・ボー・ド・プロヴァンス(Les baux-de-Provence): 画家ゴッホが数多くの傑作を描いて晩年を療養した病院があることで有名な地域です。多くの生産者が有機農法を実践、しっかりしたボディの熟成タイプでビオの赤ワインを造っています。

by www.vinsvignesvignerons.com

③コート・デクス・アン・プロヴァンス(Côte d’Aix-en-Provence):春はアーモンドの白い花々が咲き、夏は松林にセミが鳴き、秋から冬には冷たい北風「ミストラル」が吹く、プロヴァンス特有の四季が展開する地域。主にフルーティーなロゼワインが造られています。

by www.vinsvignesvignerons.com

④パレット(Pallete):画家セザンヌが描いたヴィクトワール山の白い岩だらけのふもとにぶどう畑が広がります。この地区の生産者は2軒だけ。いずれも生産量は少ないですが長い歴史があり、すばらしいワインを造っています。熟成タイプのしっかりした味わいの赤スミレの香り豊かな白に、とてもまろやかな味わいのロゼワイン。このロゼワインはプロヴァンス地方を代表する逸品です。

by www.vinsvignesvignerons.com

⑤カシス(Casis):海に向かって急斜面に広がるぶどう畑は、石灰岩質土壌。赤、白とロゼを産しますが、圧倒的に白ワインの生産量が多く全体の7割を占めます。フルーティーな辛口でプロヴァンス地方を代表する白ワイン。ブイヤベースにあわせるならピッタリです。

by www.vinsvignesvignerons.com

⑥バンドール(Bandol):地中海を見下ろす丘にぶどう畑が広がります。土壌は小石の多い石灰質。北風を遮る地形と年間を通じて長い日照時間のおかげで、がっしりと力強い赤と、酸味とタンニンのバランスのとれたロゼが有名です。

by www.vinsvignesvignerons.com

⑦コート・ヴァロワ(Côte de Varois):1993年にAOCの資格を得たワイン生産地区。プロヴァンス中央部で小石まじりの斜面と石灰質の台地にぶどう畑が広がります。フレッシュでフルーティーなロゼワインが中心です。

by www.vinsvignesvignerons.com

⑧コトー・ド・ピエールヴェール(Coteuax de Pierrevert) :1985年にAOCの資格を得たワイン生産地区。フレッシュでフルーティーなロゼと赤ワインが中心です。

by a-la-recherche-du-vin.typepad.com

⑨ベレット(Bellet):ニースの高台にぶどう畑が広がり、オリーブや果樹の畑に囲まれています。土壌はケイ素と石灰質の土壌が混ざった礫岩地帯です。フルーティーでアーモンドの香りのする繊細な白ワインが有名です。生産量が少ないのでニース以外で入手するのは難しいワインです。

by www.vinsvignesvignerons.com

ところで、プロヴァンス地方のボトルの形はさまざまです。昔ながらの形やローヌ地方のボトルに似たものもあります。

by www.vinsvignesvignerons.com
スポンサーリンク
Pocket