Pocket

by www.sp-mall.jp

こんにちは、マダムソムリエです。

今日ご紹介するフランスワインの主な生産地、サヴォア地方は、爽やかな味わいの白ワインが有名です。

 

スポンサードリンク

 

サヴォア地方の自然豊かな地方

スイス、イタリアと国境を接したサヴォア地方は、1860年頃にフランス領になりました。ヨーロッパ最高峰のモンブラン(4,810m)を擁し、雄大なアルプスはじめ美しい森や湖に囲まれた自然豊かな地方です。

byjp.france.fr

ふどう畑は、スイス国境のレマン湖畔から、ローヌ河沿い、イーゼル河沿いに点在していて、アルプスに繋がる山岳地帯の中の標高200~500mのところにあります。

土壌は石灰岩に泥灰土、それに氷河が運んだ沖積土の混合

大陸性気候ですが、湖や河川で和らげられ、夏と秋には好天に恵まれるので、ふどうは良く実ります。
ですが、
全体的には厳しい気候なので、それに耐えうるこの地方特有の品種でワインが醸造されています。

bywww.french-wine-jiten.com

 

サヴォワのワイン

この地方全体の生産量は、さほど多くありません。冷涼地域のために軽いタイプの白ワインが主に醸造され、赤ワインはタンニンが少なく飲みやすいのが特徴です。

 

スポンサードリンク

 

サヴォワ地方特有の4つの品種

①モンドゥーズ(Mondeuse):サヴォワだけで見られる黒ぶどう品種で、個性的品種の一つ。たっぷりの果実味にバランスのある酸と優しいタンニンで、とても繊細な赤ワインになります。5~6年寝かせると、とても風味もあるワインが楽しめます。

②アルテス(Altesse):香り高い味わい深い白ワインになります。

③シャスラ(Chasseias):ファンダン、又はドランの別名を持ちます。フルーティーでも酸が少ないので、軽い白ワインを造る時のブレンドに用いられます。
以前は中央ヨーロッパで広く栽培されていましたが、現在ではスイスとサヴォワだけになりました。

④ジャケール(Jacquere):収穫量の多い品種で、軽くフルーティーな白ワインを造っています。壜詰めまで、澱を抜かないシュール・リー(sur le lie)製法で軽く泡立つワインはこの地方ならではの1本です。

 

by www.french-wine-jiten.com

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク
Pocket