Pocket

 

晩秋のパリ

 

こんにちは、マダムソムリエです。

先日、友人から「パーティで飲んだシャンパンが美味しかったから

ボトルをよくみたら、スパークリングワインでびっくりした」と。

結婚式でも、司会者の「シャンパンで乾杯」も、実はスパークリングワインって

ことよくあるらしいです。

そこで、夫に聞いてみました。

「シャンパンとスパークリングワインはどう違うの?」

 

スポンサードリンク

 

シャンパンとスパークリングワインの違い

まず、シャンパンはスパークリングワインの中のカテゴリーのひとつです。

これはちょっと意外。

シャンパンとスパークリングワインは、別々のものとおもってましたから。

では、シャンパンと呼ばれるものはどういうものでしょうか。

まとめてみました。

 ・シャンパーニュ地方で作られていること
 ・AOC(原産地呼称管理法・フランスのワインの法律)の規定を守る。

 で、

 その主なものは
  ①特定の地域とブドウ品種(シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ)で 栽培
  ②伝統的製造方法(シャンパン製法)で作られたもの
  ③瓶内で酵母を二次発酵させている

ちなみに、スパークリングワインは、一般には3気圧以上のガス圧のある

発泡性ワインの総称。逆に3気圧以下なら弱発泡性ワインになります。

 

造り方によるスパークリングワインとシャンパンのちがい

 シャンパン:ワインに酵母とショ糖を加えて瓶内二次発酵させる

 スパークリングワイン:主に4つの製法がある
  1)シャルマ方式:タンクの中で発酵させる
  2)炭酸ガス注入方式:人工的に炭酸ガスを注入する方式。
  3)シャンパン方式
  4)トランスファー方式:シャンパン方式を簡略化したもの

  もちろん、スパークリングワインでも、生産地の気候、栽培されるブドウ品種や

  製法によって味わいが異なりますよ。

出典:winefolly.com

シャンパン方式採用のクレマン

  シャンパーニュ地方以外で、シャンパン方式で造られたスパークリングワインに、

 クレマン(Crémant)があります

 細やかな泡と繊細な味わいが特徴で、アルコール度数も11.5%

 比較的低いので飲みやすいでしょう。

 シャンパンよりお手ごろ価格ですが、味わいはシャンパンとひけをとらない高品質

 アルザス、ブルゴーニュ、ロワール地方など、豊かな香りの白ワインの産地では、

 すばらしいクレマンが造られています。

 

まとめ

スパークリングワインと一口にいっても、シャンパンもその仲間で、

でもシャンパン地方で造られなければシャンパンを名乗れず、
いやいやフクザツだ。

でもお手ごろ価格のクレマンなら、もう少し気軽に飲めそう。

しかも生産地方ごとにクレマンの味わいが異なるなら
楽しみ倍増です。

家飲みワイン用に美味しいクレマン、見つけようとおもいます。

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク
Pocket