Pocket

パリの冬の花、ヒアシンス

 

こんにちは、マダムソムリエです。

ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)は、日本でも人気がありますよね。

有名なフレンチレストランやパティシエのガレット・デ・ロワは特に。

セブンイレブンで販売しているのを見たときは、ちょっとビックリしました。

さて、フランスでは、クリスマスを過ぎるとこのお菓子が、

パン屋さんやケーキ屋さんのショーウィンドーを飾ります。

1月になると、このケーキのために家族や友人たちが集まるほど

大事なフランス伝統のケーキなんです。

すでに、先日大晦日の年越しパーティーで、私たち夫婦は、

友人が作ってきたガレット・デ・ロワをいただいたのですが、

その中のフェーヴを夫が当ててしまいました(笑

今年はよい年になりそうです。

 

スポンサードリンク

 

ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)??

フランス語で、Galette(ガレット)は「円形で平たいパイのケーキ」、

Rois(ロワ)とは「王様」の意味で、ガレット・デ・ロワは「王様のケーキ」ということ。

王様のケーキは、公現祭というカトリックの行事にちなんだもので、

聖書によれば、12月25日に馬小屋で誕生したイエス・キリストのもとに

星に導かれた東方の三賢人が訪れたそうです。

彼らが訪れた日、1月6日を公現節(エピファニー)とし、

それを祝うお菓子が、ガレット・デ・ロワなんです。

下記の写真はケーキカットするオランド大統領です(2013年)

出典:7sur7.be/7s7/fr

 

ガレット・デ・ロワに欠かせないフェーヴ

王様のケーキがほかのお菓子と大きく違う点は、

ケーキの中にフェーヴと呼ばれる「当たり」が入っていること。

三聖人がそれぞれ宝物を持参してイエス・キリストに贈ったことから、

この宝物をフェーヴとしてケーキの中に入れる

習慣になったようです。

かつてはソラマメ(フェーブ)が入っていましたが、

今ではこのケーキ専用の小さな陶製の人形が作られています。

ケーキの中に入っていたフェーブがあった人は王冠を被り、

良い一年間になる、と周囲から祝福されます。まさに新年のゲームですね。

 

フェーブの種類

フェーブの種類は驚くほどたくさんあります。

かつては、公現節の登場人物である幼子イエスとマリア、アリアに受胎を告知した

大天使ガブリエルや宝物をもった王様などでした。

出典:http://chretiensaujourdhui.com

現在はアニメのキャラクターやスポーツ選手、クラシックカーなどさまざまです。

 

これらがみんな陶製なんですね。ホント感心します。

当然フェーブをコレクションしている人も多く、

フェーヴ目当てに王様のケーキを心待ちするのも

よくわかりますね。

出典:wmarket.net

日本にもこんな面白いサイトがありました。見ているだけでも楽しい。

フェーブなつじかん

 

ガレット・デ・ロワの作り方

お菓子つくりの苦手な私でも、この作り方ならできそう。

どのあたりでフェーヴを入れるのかも良くわかります。

この週末でも作ってみようとおもいました。

 

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク
Pocket