Pocket

こんにちは、マダムソムリエです。

今日のソムリエおススメ家飲みワインは、白ワインのコミテ・デ・ショワジ(Comité de Choisy)の2015年産です。

buzet

今夜のワイン、コミテ・デ・ショワジ は、フランス南西部ボルドーとトゥールーズの間にあるビュゼ(Buzet)で醸造されたものです。

 

ビュゼの気候と風土

 

ビュゼは、ボルドー地方を流れるガロンヌ川支流にある村で、約1800haのなだらかに広がる丘でぶどうが栽培されています。独立した醸造場と共同体の醸造場を含めると27を数えます。

ビュゼは1973年に原産地統制呼称(AOC)を認められたまだ若いワイン醸造地です。原産地統制呼称によりブドウの栽培を認めらている地域は、広くはありませんが、価格に比べて質の高いワインを生産しています。

気候は、年間を通じて温度差は大きいです。冬はとても寒く春は雨が多いです。夏は暑く収穫期まで晴天が続くのでブドウがよく熟成します。

土壌は砂利のある鉱物質に、石灰質と粘土質を含めてバランスの良い構成になっています。

 

comite-de-choisy

 

ビュゼワインの特徴

  ブドウの品種は赤ワインとロゼワインともに、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネフラン、メルローとマルベックです。白ワインソーヴィニヨン、セミニョンとミュスカデルの品種で作られてます。

 

  ロゼ
色合い 光沢がある。熟成が進むとルビー色からガーネット色になる 薄いピンク色から濃いバラ色になる 青味がかった薄い黄色から藁の色になる
香り カシスやブラックベリーの香り。樽熟成するとバニラの香りになる カシスやミントの葉の香りがする さわやかな香り、時々アーモンドの花の香りがする
味わい 若いうちはタンニンの味わいから熟成を重ねるとボルドーのような厚みのある味わいになる フルーティで少しタンニンの味わいがある キリットすっきりした味わいの後に深みを感じる味わい
飲み頃 5年以上 1-3年ほど 1-3年ほど

特に赤ワインは、ボルドーのワインと引けをとらないほど美味しいワインです。コストパフォーマンスの高いワイン”として「家飲みワイン」にピッタリだとおもいます。

 白ワイン 「コミテ デ ショワジ(Comité de Choisy)(2015)」

 

ブドウ品種 ソーヴェニヨンとセミニョン
飲んだ感想 パイナップルなどの熟したフルーツの香り。ワインの果実味と酸味のバランスがとれている。
このワインにあう食事

アペリティフや魚料理(ムニエルなど)に合いますが和食にもおススメです。特に海老の天ぷらにレモンをかけてお塩でいただき、このワインを一口飲むとレモンとワインの酸味バランスの良さを楽しめます。

ワインの購入場所

パリのスーパー カルフール(6区)

 

%e6%b5%b7%e8%80%81%e5%a4%a9%e3%81%b7%e3%82%89

 

スポンサーリンク
Pocket