Pocket

Place de la Bastille, 75011, Paris

バスティーユ広場(Place de la Bastille)

◎市場の開く時間 毎週木曜日と日曜日 朝7時から午後2時まで
◎地下鉄 1番線、5番線と8番線 バスティーユ駅(Bastille)下車 徒歩5分

 

こんにちは、マダムソムリエです。

夏に足しげく通ったバスティーユ市場。

     関連記事
      ↓↓↓

パリ市最大の市場、マルシェ・バスティーユ①

寒さとともに足が遠のきましたが、クリスマス直前はどんな様子なのか、

もしかしたら、大混雑??と期待して

久しぶりのバスティーユ市場に行ってみました。

 

スポンサードリンク

 

パリの冬らしい、どんよりとした曇り空。革命記念柱は工事中でした。

 メリーゴーランドが見えたら、バスティーユ市場の入り口です。約100近いお店が出ています。

   戸外で育てられた鶏の卵を専門に売っている、オーガニックの卵やさん。

   育てられた鶏の成育環境によって、販売する卵がランク付けされます。

  夫のお気に入りの魚屋さん。北海や地中海から水揚げされた魚は新鮮です。予想以上に種類があります。

 量り売りです。三枚おろしは無理ですが、頭と尻尾を切るのはお願いできます。生きの良いイワシを見つけるとお刺身で食べたくなりますね。

 クリスマスのご馳走にオマールえびは人気です。貝の種類も豊富なんです。

 とてもとても美味しいお肉屋さん。しかも安いんです。いつも長蛇の列をじっと待っていますが、この日はラッキー!!

 子牛のロースト用、1kg約26.8ユーロ。1ユーロが122円なら3270円くらい。色といい艶といい、とてもきれいなお肉。

 こちらは牛のリブ。見ているだけでもウットリしてしまう。肉食フランス、バンザイ!!

 私たちが今夜食べるお肉はこちら。きれいなさし色のはいった牛肉です。厚さ3センチは有にある1人前を二人でいただきます。300gで約8€

 ここはチーズ屋さん。小さい容器に入ったヨーグルトは味もいろいろです。人気のお店なのでなかなか写真が撮れません。

  この日は、ヤギのチーズを買いました。白ワインとあわせると美味しいそう。やわらかくてかすかに甘みがあり美味しいです。

  チーズ屋さんのマダムがいわく、ヤギのチーズだけでも作り手によって20種類はあるそうで、フランスは酪農大国でもあります。

  ヒイラギと南天を束にしたクリスマスの飾りを見つけました。南天を見たら、私はお正月用に生けていたわ、と思い出しました。

  

 アルザス地方のお惣菜屋さんを発見!ハム、ソーセージにザワークラフト。寒い日は湯気がとても温かいですね。

 ここでハムとパテを買います。マダムが手にしているハムが本当のハムの形です。これを横の機械で薄く切ります。

 ほしい分だけスライスしてもらいます。マダムの横にある肉の塊はベーコンです。これもスライサーで切ってもらいます。

                  

 パテが大好きな私たちは、さんざん悩んで、左の茶色のプルーンの入ったテリーヌにしました。果物と豚肉って合いますね。写真撮る前に食べちゃいました^^               

  さてさて、雨が降りそうなので帰りましょう。バスティーユ市場は食材だけではなく、衣類、キッチン小物やアクセサリー屋さんもあります。

  ここは私がいつも楽しみにしているアフリカのアクセサリー屋さんです。今度ゆっくり見に来ようっと。

  ご紹介したいお店がまだまだあるので、次回もまたお伝えしたいとおもいます。 

 

スポンサードリンク


スポンサーリンク
Pocket