Pocket

  こんにちは、マダムソムリエです。

   今日ご紹介する家飲みのワインは、

  アルザス地方の白ワイン、シルヴァネール2014年です。

 

ワイン名:Sylvaner 2014 (白) 7€

  醸造場:ドメーヌ・シエフルコフ(Domaine Schieferkopf)
 

 

  このワインもコストパフォーマンス最高で、家飲みワインにぴったり

  近所のスーパーでお得なお値段でしたよ。

   我が家の家飲みワインはこんな風に選んでます。
               ↓↓↓

パリの家飲み日常ワイン選びの条件

スポンサードリンク

 

     夫はアルザス地方のワインが大好きで、

  アパートのちっちゃい冷蔵庫でいつも冷えています。

  食材で冷蔵庫がいっぱいのときは、ワイン1本でも邪魔なんですけど・・・

  でもどうして、彼がアルザスワインが好きなのかって、実はよくわかります。

  アルザス地方のワインはフレッシュな果実味が特徴なんです
           ↓↓↓

アルザス地方のワインの特徴をご紹介。リースリングなど白ワインが美味しい!

 

 アルザス伝統の品種 シルヴァネール

 アルザス地方のワインは、4つのブドウ品種が有名です。

 シルヴァネールは、その主な品種に含まれていませんが、オーストラリアにその起源があり、

 現在は、ドイツとアルザス地方のみで栽培され、アルザスの耕地面積約10%を占めています。

 すっきりとさわやな味わい、かんきつ類や白い花の香りがします。

 

スポンサードリンク

 

 シャプティエ家が作るシルヴァネール

  1808年から7世代にわたり、ローヌ地方で最高級の赤ワイン、

  エルミタージュ(Hermitage)を醸造している

  メゾン・シャプティエ(Maison Chapoutier)は、

  アルザス地方でシエフルコフ醸造場(Domain Schieferkopf)を設立しました。

   シエフルコフ醸造場の畑は青色片岩を特徴とした土壌です

  丘稜で南に広がる畑で栽培されたブドウは手摘みで収穫されると、

  大樽で酵母菌によって発酵されワインが作られます。

  2006年にリースリングを手始めに、2011年からはシルヴァーネルも生産、

  さわやかな味わいの白ワインを作っています。

 

出典:www.schieferkopf.com

 

 シルヴァーネルを飲んだ感想  

 ◎外観ほんのり緑っぽいが明るい色合い。さわやかな印象です。

 ◎香り:スッキリした、かんきつ類や白い花の控えめな香りを楽しめます。

 ◎味わいすっきりしたブドウのさわやかな酸味で生き生きとした味わい。

 ◎料理の相性魚介類やアルザス地方では、名物のソーセージやハムと一緒に

  このワインを楽しんでいます。

 我が家では、スモークサーモンのカルパッチョにレモン汁をかけたお皿と合わせてみました。

 スモークサーモンの脂味とシルヴァーネルの酸味バランスがよかったです。

 寒い季節には、お鍋とも合わせると美味しいですね。

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク
Pocket